デジタルSAT受験用のパソコンの借り方

この記事ではデジタルSAT受験用のパソコンの借り方を紹介します。パソコンがなくてもデジタルSATを受けることが出来るかもしれません!100%借りられる訳ではないのでそこに注意しながらようんでください。パソコンを持っている人もいざという時のために最後までこのブログに目を通してみてください!

b

目次:

$

デジタルSAT受験用のパソコンの借り方

$

Bluebookのダウンロードの仕方

$

まとめ

デジタルSAT受験用のパソコンの借り方

試験のアクセス機会を多くの人に提供したいとのことでCollege BoardがデジタルSAT試験の受験者にSAT試験受験のためにパソコンを貸し出すサービスがあります。このサービスで借りられるパソコンはChromebookです。場所によってはパソコンの種類が変わる可能性もあります。このサービスは申し込んだ人全員が受けられる訳ではありませんが借りられる確率を上げるために知っておくと良いことを紹介します。

まず貸出し用のパソコンを借りるためにはSATの登録を済ませていないといけません。次に受験会場が決まったあとは試験日まで最低30日以上あることを確認しましょう。College Boardが会場先にパソコンを配送するまでに最低30日以上空いていないと借りることは難しくなります。しかし30日前にリクエストを出しても貸出し用のパソコンが借りられるとは限らないので注意しましょう。地理的にも配送できる場所とできない場所があるのでCollege Boardで問い合わせして確認しましょう。

Bluebookのダウンロードの仕方

借りるパソコンには予めBluebookがインストールされていますが、もし自分のパソコンでSATを受ける場合やCollege Boardプラクティステストを実際にオンラインでやる場合は前もってBluebookというアプリを機器にダウンロードしておく必要があります。このアプリをダウンロードしプラクティステストを行うことで実際に新デジタルSATの雰囲気を画面上で味わうことができます。

新デジタルSAT受験当日の前には余裕を持ってBluebookのアプリをダウンロードしきちんと機動することを確認してください。試験当日はこのBluebookを開き試験を受けます。もし自分のパソコンに何らかの理由でインストールできない場合はこちらのフォームからCollege Boardに問い合わせることができます。Bluebookのインストールや起動できるかどうかは全て自己責任となるので予め、チェックしておきましょう。

まとめ

DIGでは生徒一人一人のレベルに合わせ、新デジタルSATでの高得点取得を目指し着実な試験対策をしています。この記事では紹介仕切れなかった他のオンライン教材も紹介します!詳しくはこちらの「コース」のページでご確認ください。また将来、留学をしたいけど、どこの国で何を勉強したいか分からないなどの相談も受け付けております。新デジタルSAT対策だけでなく、TOEFLやDuolingo等の試験対策も同時に受けることもでき、無料体験レッスンも実施しておりますので、ぜひこちらからご気軽にお問い合わせください!!

Related Blogs …

食堂での食事体験

アメリカ創価大学の食堂は、学生や教職員が日々の生活を共有し、さまざまな文化の味を楽しむ場所です。食堂はキャンパス内の中心的な場所であり、学生たちが集まり、友人や同僚と食事を共にする場所として重要な役割...

read more

国際バカロレア(IB)とは?

皆さん、国際バカロレア(IB)というプログラムを聞いたことはありますか?名前からわかる通り、国際的な教育プログラムであるのですが、具体的なプログラム内容をご存知の方は多くないのではないでしょうか。しか...

read more