【文化を学ぶ】バレンタインデーについて!

バレンタインデーは、毎年2月14日に開催され、国境や文化を超えた愛の祝賀です。その起源は14世紀にまで遡り、ローマの聖人であるバレンタインのある行動と結びついていると言われています。時の皇帝クラウディウス2世は、「兵士の士気が下がる」との理由から、若い男性の結婚を禁止していましたが、バレンタインはそれに抗議し、秘密裏に次々とカップルを誕生させました。皇帝から直ちに儀式を取りやめるよう求められるも、愛の力を信じたバレンタインは、結婚式を行い続けました。最終的に、彼は捕らえられ、2月14日に処刑されてしまいます。兵士たちの結婚を見守り続けたバレンタインは、恋人たちの愛を守り抜いた守護聖人と崇められ、彼が亡くなった2月14日が、後のバレンタインデーとなったのです。この記事では、世界各国のバレンタインデーの文化についてもご紹介していきます。 

 

b

目次:

$

バレンタインデーの歴史

$

日本でのバレンタイン

$

ブルガリア

$

ブラジル

$

南アフリカ

$

贈り物について

$

まとめ

バレンタインデーの歴史

バレンタインデーの歴史的な起源は14世にさかのぼり、そのルーツはローマの神父である聖バレンタインの物語と結びついています。聖バレンタインは、若い男性の結婚を禁止したクラウディウス2世皇帝に抗議して、秘密裏にカップルを結婚させた。禁止にもかかわらず、バレンタインは愛の力を信じて結婚式を続けました。最終的に捕らえられ、2月14日に殉教し、その死去記念日を教皇ゲラシウスによって聖バレンタインの日と宣言されました。この行為が現代の愛の祝祭の基盤を築きました。

日本でのバレンタイン

日本では、バレンタインデーは独自のスタイルで祝われ、女性が愛情を表現するリードを取ります。西洋の伝統では通常、男性がロマンチックなジェスチャーを始めますが、日本の女性は2月14日に男性にチョコレートをプレゼントします。この行為は、「義理チョコ」と呼ばれ、義務的であり、真の愛情の表現を含みます。また、3月14日であるホワイトデーでは、男性が贈り物を返します。特に、ホワイトチョコレートを贈ります。

ブルガリア

ブルガリアでは、地元のワインで乾杯することでバレンタインデーを祝います。一方、ウェールズでは、手作りの木製スプーンを愛の象徴として交換します。ペルーでは、休日と重なるため、カップルはロマンチックな旅行を計画し、愛と美しさを象徴する蘭を交換します。

ブラジル

ブラジルでは、6月に類似した行事が行われ、6月12日に結婚と仲人の守護聖人であるサン・アントニオを称えます。この日は、活気ある祝祭と愛情表現で知られています。フランスでは、La Saint-Valentinは「愛の抽選」のようなユニークな伝統で祝われます。独身の男性と女性が愛のために家に入り、お互いに呼びかけながら交互に組み合わせます。男性が彼のマッチングを気に入らない場合、彼は別の女性のために彼を残すことができます。マッチングされていない女性は、拒否した男性のイメージを燃やしながら呪いや侮辱を投げかけるために焚き火を集めます。

南アフリカ

南アフリカでは、愛の興味の名前を袖に付ける伝統は、古代ローマの祭りにさかのぼり、ロマンチックな追求の透明さと開放性を象徴しています。フィリピンでは、2月14日に行われる大規模な結婚式が特徴で、コミュニティ内の愛と結束を促進します。一方、デンマークでは、純潔と無垢を象徴する押された白い花「雪片」の交換がロマンチックなジェスチャーで行われます。

贈り物について

さまざまな文化で、バラ、チョコレート、ロマンチックなディナー、宝石などの一般的な贈り物素材が、愛と感謝の象徴として交換されます。単独で、バレンタインデーに支出される額は年間数十億ドルを超え、休日の普及と商業化を反映しています。

まとめ

バレンタインデーは、文化的な境界を超え、異なる文化に対する理解と感謝を促進する、愛の普遍的な言語の証として立っています。古代ローマから現代の世界中の様々な伝統に至るまで、バレンタインデーは世代を超えてコミュニティを結びつける愛の力を示しています。異なる文化を学び、受け入れることを続けながら、バレンタインデーは私たちすべてを結びつける愛の普遍的な言語の証として立っています。

DIG Internationalでは、生徒一人一人のレベルとニーズに合わせた指導で効果的に英語学習そして受験対策ができます。また、どのコースを受ければいいか分からない場合でも、DIGの講師に相談いただければ、各生徒のレベルと目標に合ったコースを提案させていただきます。無料体験レッスンも実施しておりますので、ぜひご気軽にお問い合わせください!詳しくはこちらから!

Related Blogs …

国際バカロレア(IB)とは?

皆さん、国際バカロレア(IB)というプログラムを聞いたことはありますか?名前からわかる通り、国際的な教育プログラムであるのですが、具体的なプログラム内容をご存知の方は多くないのではないでしょうか。しか...

read more

アメリカ創価大学でのイベント!

今回のブログでは、3月29日(金)にてアメリカ創価大学(SUA)のキャンパスで行われる興味深いイベントについてお話ししたいと思います。このイベントでは、ノーベル委員会副委員長であるアスラ・トーヤ博士と...

read more