新・日本代表プログラム 高校生等対象コース

日本政府は日本の国際化を進めるために2023年の4月に40万人の外国人留学生を受け入れと50万人の日本人留学生の送り出しを政府の2033年目標として発表しました。それに伴い文部科学省と日本学生支援機構は2023年10月11日に「新・日本代表プログラム」を立ち上げました。このプログラムは高校生等対象コースと大学生等コースに分かれています。今回の記事では高校生等対象コースに焦点を当てて紹介していきたいと思います。

b

目次:

$

新・日本代表プログラム高校生等対象コース

$

留学コースについて知ろう!

$

応募・選考スケジュール

新・日本代表プログラム 高校生等対象コース

新・日本代表プログラム 高校生等対象コースは高校生の留学促進支援として設立され高校生700人を対象とされています。日本の高校、中等教育学校の後期課程、特別支援学校の高等部、高等専門学校(第3学年以下に限る)、専修学校の高等課程に在籍する日本人生徒などが対象となり、生徒が自ら立案、作成した「探究活動」を含む留学を支援するのが目的です。なのでただ単に留学に行きたい人を支援するコースではないので応募を考えている人は注意をしましょう。

また、生徒は留学中、日本の良さを発信する「アンバサダー活動」と留学後には留学中に得た経験やスキルと留学の良さを発信する「エヴァンジェリスト活動」に取り組むことが条件となっています。詳しくは募集要項でご確認ください。なおこの留学での奨学金等は給付型なので返済は不要です。

留学コースについて知ろう!

高校生等向けのコースは全部で3つあります。

  • マイ探究コース(360名)
  • 社会探究コース (200名)
  • スポーツ・芸術探究コース(140名)

マイ探究コースでは自分の好きなことや興味のあること、挑戦してみたいことなど軸に自由に研究テーマを設定できます。社会探究コースではSocciety5.0やSDGsを元に社会問題の解決に向けた探究活動に取り組む留学コースです。スポーツ・芸術探究コースはそれらの分野においての問題解決に取り組む留学コースです。

留学計画の条件としては、どのコースも留学開始日が2024年7月10日〜2025年3月31日までの間です。また留学期間が14日以上〜1年未満であることで留学終了後、10日以内に帰国する必要があります。

応募・選考スケジュール

それぞれのコースは第一日程と第二日程があり対象者と人数に違いがあるので事前に確認しておきましょう。新高校2・3年生は第一次日程に応募し新高校1年生は第一次日程または第二日程のいずれかに応募することができます。

第一次日程の支援予定人数はマイ探究コース300人、社会探究コース170人、スポーツ・芸術探究コースは110人です。第二次日程の支援予定人数はそれぞれ60人、30人、30人です。応募方法は新高校2・3年生と新高校1年生で変わってくるので募集要項の9.) 選考・審査 10.) スケジュールを確認してください。

第一日目の応募期間は2023年の12月〜1月の終わりで書類審査は3月までです。第二次日程の応募期間は2023年の4月から始まります。新・日本代表プログラム 高校生等対象コースについての質問はFAQをご覧ください。トビタテ!留学JAPAN「新・日本代表プログラム」説明会も随時ありますので詳しくはこちらのトビタテ!留学JAPANのサイトをご確認ください。

DIG Internationalでは各生徒の目標に合った手厚いサポートを提供しています。日常生活で使える英語力習得から英検や、TOEFLなどの試験対策もしています。詳しくはこちらの「コース」のページでご確認ください。DIG Internationalは海外大学合格の実績が豊富であり、毎年DIGの生徒は海外へと羽ばたいています。無料体験レッスンも実施しておりますので、ぜひご気軽にお問い合わせください!

Related Blogs …

食堂での食事体験

アメリカ創価大学の食堂は、学生や教職員が日々の生活を共有し、さまざまな文化の味を楽しむ場所です。食堂はキャンパス内の中心的な場所であり、学生たちが集まり、友人や同僚と食事を共にする場所として重要な役割...

read more

国際バカロレア(IB)とは?

皆さん、国際バカロレア(IB)というプログラムを聞いたことはありますか?名前からわかる通り、国際的な教育プログラムであるのですが、具体的なプログラム内容をご存知の方は多くないのではないでしょうか。しか...

read more