保護者が子どもの英語学習のためにできること

この記事では親が子どもの英語学習のためにできる簡単なことを紹介していきます。子どもは大人と違って語学を吸収しやすいので折角、子どもに英語を学習させるのなら効率良く、使える英語を取得させたいですよね?保護者として出来ることを知って子どもの英語学習を更に有意義なものにしていきましょう!

b

目次:

$

子どもに悪影響な英語の学習方法

$

保護者が子どもの英語学習のためにできること

$

まとめ

子どもに悪影響な英語の学習方法

子どもに悪影響な英語の学習方法としてまず言えるのが子どもが英語学習を楽しめていないことです。言語は強制的に勉強させられてマスター出来るモノではありません。無理に周りに合わせて英検の受験や英単語の暗記を子どもに押し付けても一時的に英語能力が上がっても持続的に向上することは難しいです。英検合格や受験のための英語学習になってしまうと試験後にモチベーションが下がり、覚えた内容を全て忘れてしまうこともあります。

言語学習で暗記や試験は大切な要素ですが、それらが最終目標になってしまうと使える言語能力は身につきません。英検などのメジャーな試験は英語能力のチェックやモチベーション維持に役立ちますが使える英語の習得を目指している人には強制させるべき試験ではありません。次に保護者が子どもの英語

保護者が子どもの英語学習のためにできること

子ども達が楽しく英語学習に臨めるように、まずはなぜ英語学習が大切なのかなどの意義を子どもに分かりやすく教えて上げることが大切です。「英語が話せる様になると世界中に友達を作れる様になる」などでもいいと思います。英語は言語なので試験のためだけに勉強するという概念を与えないことがキーであるとも言えます。

使える英語能力を高めるためには子どもに生きた英語のインプットの機会を増やしてあげることが大切です。ネイティブの子ども達の様に好きな外国のアニメやテレビ番組などを活用して自然と英語に触れることが出来る時間を作ることも効果的です。

インプットは語学学習では欠かせないものですが、語学能力をアップするのに更に大切なのがアウトプットです。積極的に英語を話したり書いたりすることで使える英語力を向上することが出来ます。発音や正しい文法が最初から使えなくても大丈夫です!まずは英語を積極的に使うことが大切です。今では国際化も進みどの国でも留学プログラムの数が増え、英語が出来る人が増加する傾向にあります。日本で普通に生活しているだけでは中々、海外への刺激や興味を湧かせることは難しいです。なので保護者として子どもの視点を海外へ向けさせるきっかけ作りも大切になってきます。

まとめ

保護者が子どもの英語学習のためにできることはたくさんあります!社会的に英検を取らないといけないプレッシャーや正しい発音や文法を使わないといけないなどの誤った考え方に流される必要は全くありません。子どもの頭はスポンジの様に習ったことをどんどん吸収していきます。普段から自然と英語に触れ合える環境と積極的に英語を使える環境づくりはとても大切です。

DIGでは生徒一人一人のレベルに合わせ、生徒の目標に応じてプロの講師が丁寧に英語能力上達のお手伝いをいたします。詳しくはこちらの「コース」のページでご確認ください。また将来、留学をしたいけど、どこの国で何を勉強したいか分からないなどの相談も受け付けております。新デジタルSAT対策だけでなく、TOEFLやDuolingo等の試験対策も同時に受けることもでき、無料体験レッスンも実施しておりますので、ぜひこちらからご気軽にお問い合わせください!!

Related Blogs …

食堂での食事体験

アメリカ創価大学の食堂は、学生や教職員が日々の生活を共有し、さまざまな文化の味を楽しむ場所です。食堂はキャンパス内の中心的な場所であり、学生たちが集まり、友人や同僚と食事を共にする場所として重要な役割...

read more

国際バカロレア(IB)とは?

皆さん、国際バカロレア(IB)というプログラムを聞いたことはありますか?名前からわかる通り、国際的な教育プログラムであるのですが、具体的なプログラム内容をご存知の方は多くないのではないでしょうか。しか...

read more