【Duolingo English Test】リーディング対策!

現在、英語力を測定する試験として世界中の4,000校以上の教育機関で導入されているDuolingo English Testでは、英語四技能を総合的に測定するための様々な問題タイプが出題されます。日本人英語学習者が比較的得意とされるリーディングですが、より高得点を目指すためにどのように対策すればいいのでしょうか?この記事では、Duolingo English Testのリーディングに焦点を当てて、すぐに実践できる対策方法をご紹介していきます!

b

目次:

$

Duolingo English Testとは?

$

リーディングの問題タイプ

$

リーディング対策

$

まとめ

Duolingo English Testとは?

Duolingo English Testは、便利でリーズナブルな価格で受けられるオンラインの英語試験です。試験センターを予約する必要もなく、自宅で好きな時間に受けることができます。英語4技能が総合的に審査されるので、リーディングやスピーキングなどのセクションに分かれているわけではなく、約1時間の一続きのテストになっています。また、Duolingo English Testは受験者の解答によって次の問題の難易度が左右されるアダプティブ方式を採用しています。

Duolingo English Testは160点満点、5点刻みで採点されます。総合スコアだけでなく、各分野の習熟度の目安となる4つのサブスコアが存在します。これらのサブスコアはリーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの四技能の尺度ではなく、各技能の組み合わせによって設定されています。以下に4つのサブスコアをまとめてみました。

  • Literacy=読んで書く能力
  • Comprehension=聞いて読む能力
  • Production=書いて話す能力
  • Conversation=話して聞く能力

これらのサブスコアを参考にすることで、今の自分に何が足りていないのかを明確に把握し、英語学習に生かすことができます。より詳しくは、​​Duolingo English Testの公式サイトからどうぞ!

 

リーディングの問題タイプ

Duolingo English Testで出題されるリーディングの問題タイプは大きく分けると4つあります。

問題タイプ サブスコア 制限時間 内容
Read and Complete Literacy、Comprehension 3分 短い英文パッセージの穴埋め
Read and Select Literacy、Comprehension 1分 実際に存在する英単語を選択
Read Aloud Comprehension、Conversation 20秒 表示された英文を音読

​​Interactive Reading

サブスコア:Literacy、Comprehension

制限時間:6つの質問全てで7分または8分

問題タイプ 内容
Complete the Sentences 空欄に当てはまる単語を選択
Complete the Passage 空欄に当てはまる英文を選択
Highlight the Answer 質問の答えとなる箇所を抜粋
Identify the Idea 長文の要旨となる選択肢を選ぶ
Title the Passage 長文のタイトルとなる選択肢を選ぶ

これらが主にリーディングの問題タイプになります。リーディングの問題は4つのサブスコアのうち、主にLiteracy(読んで書く力)とComprehension(聞いて読む力)に貢献することがわかります。シンプルな問題が多いという印象を受けますが、油断せずに文脈をしっかり理解してそれぞれの問題に解答する必要があります。こちらそしてこちらの記事ではDuolingo English Testの問題タイプを実際のテスト画面と共により詳しくご紹介しているので、ご参照ください。

リーディング対策

実際、Duolingo English Testに向けてどのようにリーディング対策をしていけばいいのでしょうか?ここでは、対策方法を3つご紹介します!

1、単語学習

Read Aloud以外のリーディングの問題では必ず英単語の知識が直接的に問われます。より多くの単語を知っておいて損はありません。特に、Read and Selectで実際に存在する英単語とそうでないものを見極める際に、勘に頼るのではなく、「この単語は知っている!」という根拠に基づいて解答することができます。単語の覚え方は人それぞれではありますが、「一日50単語覚える」など目標を決めて単語学習をしたり、類義語や対義語などを関連付けて覚えていったり、工夫して勉強すると良いでしょう。

2、文法学習

リーディング問題では、単語を知っていても文の構造を理解していないと、英文の意味理解ができず、質問に答えることができません。単語学習と合わせて、日頃から文法を復習することも大切です。穴埋め問題では、文法に合わせて動詞を活用したり時制を変えたりする必要があります。文法の知識があれば、スムーズに解答することができます。また、文法知識はリーディングだけでなく、他の英語技能を向上させるためにも非常に重要な要素なので、積極的に身につけていきましょう。

3、長文読解のトレーニング

長い英文読解をするときに、身構えてしまう人は多いのではないでしょうか?長文読解では、単語や文法の知識だけでなく、要旨を捉える力や集中力なども求められます。途中で何が書かれているかわからなくなったり、これ以上読み進める集中力がなくなったりすることを避けるために、日頃から長文読解に慣れ親しむことが大切です。その際、急に長い英文から始めるのではなく、徐々に長い英文に挑戦していき、確実に実力をつけていくことをお勧めします。内容理解の質問に答える時は、「なぜその選択肢が正解なのか」も答えられるようにすることを意識して取り組んでみましょう。

まとめ

この記事では、Duolingo English Testのリーディング対策方法をご紹介しました。これらを実践することで、リーディングスキルを伸ばし、高得点を獲得していきましょう!

DIG InternationalではDuolingo English Testはもちろん、他にもSATやTOEFLなどの試験対策コースなどをご用意しており、生徒一人一人のレベルとニーズに合わせた指導で効果的に受験対策ができます。また、どのコースを受ければいいか分からない場合でも、DIGの講師に相談いただければ、各生徒のレベルと目標に合ったコースを提案させていただきます。無料体験レッスンも実施しておりますので、ぜひご気軽にお問い合わせください!詳しくはこちらから!

Related Blogs …

食堂での食事体験

アメリカ創価大学の食堂は、学生や教職員が日々の生活を共有し、さまざまな文化の味を楽しむ場所です。食堂はキャンパス内の中心的な場所であり、学生たちが集まり、友人や同僚と食事を共にする場所として重要な役割...

read more

国際バカロレア(IB)とは?

皆さん、国際バカロレア(IB)というプログラムを聞いたことはありますか?名前からわかる通り、国際的な教育プログラムであるのですが、具体的なプログラム内容をご存知の方は多くないのではないでしょうか。しか...

read more