英語で学位が取得できる非英語圏の大学等の紹介

この記事では英語で学位が取得できる非英語圏の大学等の紹介をしていきたいと思います。アメリカやイギリスなど留学先として人気のある国々は、留学費も高く、競争率が高い場合があります。もしみんなと違う場所で高等機関に正規留学し学位を取りたいという人にオススメの記事なので、最後まで読んでみてください!

b

目次:

$

海外の学位取得のメリット

$

英語で学位が取得できる非英語圏の大学等の紹介

$

留学に関する奨学金について

海外の学位取得のメリット

海外で正規留学することでまず、自分の視野が広がり世界中に友達を作る事ができます。また学位取得をする事で自信に繋がり、将来の可能性を広げることもできます。仕事も日本だけでなく色々な国が選択肢となるので総合的に豊かな人生を歩む事ができます。留学後に日本で仕事を考えている人も、海外の大学の学位を持っていることで他の人達と経験やスキルを差別化できるので就職にとても有利になります。特に現在の日本は、国際的に活躍できる人材が不足しており英語が話せる人はもちろん、グローバルなマインドセットを持っている人を重宝する傾向があるので海外の学位取得はその証明ともなります。

では、どんなところで学位取得ができるのか非英語圏の大学等の紹介をしていきたいと思います。

英語で学位が取得できる非英語圏の大学等の紹介

単刀直入に言うと英語で学位が取得できる非英語圏の大学はたくさんあります!メジャーなアメリカやイギリスの大学よりも学費が安く、生活がしやすい場所もたくさんあるのでどんなところがあるのか知っておくだけでも選択肢を増やす事ができます。

今から紹介する情報は公的機関である日本学生支援機構(JASSO)が運営している情報サイトからの情報です。またこの情報は2022年9月時点の情報なのでサイトによってはアクセスできないものもある可能性がありますので、ご了承ください。

まずは43カ国の英語学位プログラム情報を掲載するウェブサイトです。ここでは各国(非英語圏)の留学情報や英語で学位が取得できる情報をチェックする事ができます。自分の興味のある国をチェックして、入学基準やビザについてなどの情報を確認できます。またどんな国で学べるのを知ることで将来のオプションを増やす事ができます。

次に英語で学位取得ができる非英語圏の高等教育機関を紹介します。このリストでは1707もの高等機関をチェックできるので自分でリサーチする時間を省く事ができます。またリストの中の大多数の高等機関は英語で学べる場所が多いので、英語で勉強したいと考えている人にはぴったりのリストです。高等機関によっては学士、修士、博士の3つのプログラムを提供しているところもあります。

2つのリストで紹介されている情報が全てではないので各自でリサーチをすることをお勧めします。更に詳しい情報はJASSOのサイトから確認できます。

留学に関する奨学金について

留学は膨大な費用がかかり自分には無理だなんて考えていませんか?

返済不要の奨学金も受けられる場合がありますので海外留学を考えている方は政府の留学向けの奨学金を確認してみてはいかがでしょうか?

また2023年日本学生支援機構は「新・日本代表プログラム 大学生等対象コース」と「新・日本代表プログラム 高校生等対象コース」を創設し留学に挑戦する日本人学生を応援しています!貴重な機会を逃さないように留学に挑戦してみましょう!

DIG Internationalでは各生徒の目標に合った手厚いサポートを提供しています。日常生活で使える英語力習得から英検や、TOEFLなどの試験対策もしています。詳しくはこちらの「コース」のページでご確認ください。DIG Internationalは海外大学合格の実績が豊富であり、毎年DIGの生徒は海外へ羽ばたいています。無料体験レッスンも実施しておりますので、ぜひご気軽にお問い合わせください!

Related Blogs …

食堂での食事体験

アメリカ創価大学の食堂は、学生や教職員が日々の生活を共有し、さまざまな文化の味を楽しむ場所です。食堂はキャンパス内の中心的な場所であり、学生たちが集まり、友人や同僚と食事を共にする場所として重要な役割...

read more

国際バカロレア(IB)とは?

皆さん、国際バカロレア(IB)というプログラムを聞いたことはありますか?名前からわかる通り、国際的な教育プログラムであるのですが、具体的なプログラム内容をご存知の方は多くないのではないでしょうか。しか...

read more