今さら聞けないワーキングホリデーとは?

この記事では今さら聞けないワーキングホリデーとは何なのかについて紹介していきたいと思います。留学に興味があるけど、どうやって留学すればいいか分からないという方にはぴったりの記事です!DIGと一緒に留学の夢を叶えましょう!

b

目次:

$

今さら聞けないワーキングホリデーとは?

$

ワーキングホリデーのメリットは?

$

ワーキングホリデーのデメリットは?

$

まとめ

今さら聞けないワーキングホリデーとは?

ワーキングホリデー制度は、18歳~30歳を対象とした海外留学制度です。単なる留学と違う点は海外でアルバイトなどの仕事に就きながら異文化交流を促進するためにできた留学制度です。2023年11月現在、日本がワーキングホリデー協定を結んでいる国は30カ国です。各協定国によって規則や自由性は異なりますが、色々な経験ににチャレンジすることができます。留学初心者はもちろん、留学経験者にもオススメのプログラムです。アルバイトが許されているからこそ、長期間の留学生活費用に充てることができ、長期間の留学に挑戦可能となるプログラムです。

1年間の留学プログラムが一般的ですが、一定の条件を満たせばイギリスで最長2年間、オーストラリアで最長3年間滞在する事ができます。滞在国や語学学校、滞在期間によって費用は変わってきますが、1〜2年のプログラムで大体150万〜200万円くらいの計算になります。

1つの国に対してワーキングホリデービザの発行は1回となるので注意しましょう。また年齢制限もワーキングホリデービザ申請時に18−30歳と限られているので余裕を持って計画を立てることをオススメします。

ワーキングホリデーのメリットは?

ワーキングホリデーの1番のメリットはアルバイトができるところです。一般的な学生ビザや観光ビザでは就労することが許されていないので、就労就学が許されているワーキングビザではアルバイトをすること収入が定期的に現地で手に入れることができるので、金銭的にも余裕ができ長期的に現地に滞在することができます。またアルバイトを通して現地の人と交流する機会をたくさん作ることができるので友達づくりや異文化理解を促すこともできます。

現地の人達と日常的に交流することで生きた語学に触れることができ、語学力アップを期待することができます。異文化を学ぶことで自分を見つめ直す良い機会にもなります。ワーキングホリデー後の語学力アップはもちろん、留学と海外でのアルバイトの経験を生かして幅広い分野の仕事に挑戦することも可能となります。また国外に人脈が広がるので将来、旅行をしたい人は更に気軽に海外旅行に行く事が可能となります。

ワーキングホリデーのデメリットは?

就労就学が許されているワーキングビザでの留学ですが、希望の職に就くのは難しいです。語学力はもちろん希望の職に合ったスキルがあるか、現地の職場とコネクションはあるかなどが実際の現地での就職に左右します。

また語学力を上げる目的でワーキングホリデーを使う人が多いですが、生活のための最低限の語学力は必要となってきます。またアルバイト収入は入りますが留学前にある程度の資金は必要となってきます。理由は簡単で現地でアルバイトがすぐに見つからなかった場合でも半年は暮らしている資金が必要となってきます。また留学中に毎日アルバイトに費やしてしまうと他のアクティビティや現地の国内旅行などができなくなってしまい、ワーキングホリデーの良さを体験できずに終わってしまいます。

まとめ

DIG Internationalは留学先を一緒に探すサポートをしています!ワーキングホリデー前に英語力をアップさせて留学中に有意義な生活が送れるように一緒に頑張っていきましょう!留学に興味のある方はDIGの大学生向けのアメリカ留学ガイドまたは高校生向けのアメリカ留学ガイド自分に合った留学プログラムや国について知りたい方は気軽にこちらからお問い合わせください。留学に行くことが決定しているが出国する前に少しでも英語を勉強しておきたい方はこちらから各生徒のレベルと目標に合ったコースを提案させていただきます。無料体験レッスンも実施しておりますので、ぜひご気軽にお問い合わせください!

Related Blogs …

食堂での食事体験

アメリカ創価大学の食堂は、学生や教職員が日々の生活を共有し、さまざまな文化の味を楽しむ場所です。食堂はキャンパス内の中心的な場所であり、学生たちが集まり、友人や同僚と食事を共にする場所として重要な役割...

read more

国際バカロレア(IB)とは?

皆さん、国際バカロレア(IB)というプログラムを聞いたことはありますか?名前からわかる通り、国際的な教育プログラムであるのですが、具体的なプログラム内容をご存知の方は多くないのではないでしょうか。しか...

read more